活動案内

ホーム > 活動案内 > イグアス太鼓工房が支援する移住地のグループ

イグアス太鼓工房が支援する移住地のグループ

鼓太郎 KOTAROU

イグアス移住地内に最初に発足した太鼓グループ

2001年イグアス移住地〝移住40周年記念式典〟に向けて2000年11月に澤崎兄弟の指導の下、当時の中高生を中心に結成された。

常時20人ほどの部員が、練習を重ね和太鼓や、篠笛、踊りといった、日本の伝統芸能のレベルの向上を目指している。若さあふれる表現で移住地内の行事だけにはとどまらず、パラグアイ全土、そしてブラジルやアルゼンチンへも公演活動を広げている。

鼓太郎の主な演目:
ぶち合わせ太鼓、三宅太鼓、八丈島の太鼓、水口囃子、秩父屋台囃子、荒馬踊り、さんさ踊りなど

【写真】鼓太郎

鼓組 TSUTSUMIGUMI

2002年9月「鼓太郎」の結成から遅れること約2年。青年だけではなく、大人の方にも是非太鼓を叩いてもらいたいと〝大人のための太鼓講座〟を始めました。

最初は5人からのスタートでしたが本格的に太鼓を打ちたいというメンバーが集まりはじめ、グループを結成しました。名前を「鼓組」とし、昼間は、農業などの仕事をしながら、夜の稽古に励んでいます。

現在では、パラグアイ内の、さまざまな地域に、日本の文化の良さを伝えようと、各地の催物などに出向き、公演活動も行っています。

鼓組の主な演目:
秩父屋台囃子、獅子舞、ぶち合わせ太鼓、傘踊り

【写真】鼓組

Copyright © イグアス太鼓工房. All rights reserved. powered by Tokyodoors.